プライベート05〜編集長の研究室〜

写真・文章 山崎太陽

えんそく二大学術派閥である「地惑(チワク)」(もう一方は「数学」)に属する編集長の大学生活模様を、分かりづらい冗談を混じえながらお送りいたします。
「チワク」の建物。最近外装工事をしたばかりなので割と綺麗です。 正面玄関(おれたちはカッコをつけるときはいつも「エントランスホール」と呼んでいた)
学生室のドア。
A. ドアを開けて中に入る →右へ
B.. 右手の窓から飛び降りる →痛いけど気持ち良い
学生室に入った。
A. 編集長の机を見る →左下へ
B. ポットのお湯を頭から被る →熱いけど気持ち良い
編集長の机。
A. パソコンを見る →右へ
B. スリッパを見る →下へ
デルコン(ディスプレイは19インチ)。下へ
「スリッパ」を手に入れた。右へ 「きっしー」が現れた。
A. 挨拶をする →挨拶って気持ち良い
B.. 窓から飛び降りる →痛いけどやはり気持ち良い
「肉弁」を手に入れるために並ぶ。 「肉弁」を手に入れた。「きっしー」は「ペット茶(80円)派」だ。
きっしー「いただきさまーっ!」
古すぎて誰にも分かるまい。
!?
計算機室。ジンドー大先生とショーセーがプログラムを書いている。 やぶ。
A. 「A定食さば」を頼む →美味い安い健康的!
B. 他のものを頼む →一回休み
ペンキ塗りたての校舎は何だかうそ臭く見える。 えんそくらしく夕焼けで締める。