福富平記のとりあえずやってみよう

実験者 福富平記
実験パートナー 荒川真成
撮影・編集・効果音 山崎太陽



 見ての通り、お題は諺の「2階から目薬」の実験でした。2時間で400滴もの目薬が、正しく使われることなく、地面に染み込んでいきました。ただの「2階から目薬」なんてそれほど珍しくありませんが、理系らしくきちんと考察し、レポート形式のコラムをえんそくvol.2に掲載しました。
 このビデオを編集していて不思議に思ったのですが、なぜ彼は額に目薬が命中した後、口を開いているのでしょう? 全く理解が出来ません。
 お題を提案して下さった皆様、本当にありがとうございました。